« 節分の季節 | トップページ | 底無しの米兵による犯罪 »

民主主義への道はダイナミック

「プリンスホテル新高輪」がコンプライアンス(法令遵守)違反

法政大学教授(政治学)五十嵐仁先生が、先生のblogで多角的な視点から分析なされております。

-----------------------------------------------
2月2日(土) このような暴挙に対する沈黙は民主主義への罪だ
http://blog.so-net.ne.jp/igajin/
-------------------------------------------------

民主主義への道はダイナミックな道のりのようです。

|

« 節分の季節 | トップページ | 底無しの米兵による犯罪 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/40028782

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義への道はダイナミック:

» 「お上」を越えてゆけ岩国市民 [BLOG BLUES]
「アメとムチ」ってなんだ。こんな行為と表現を許しちゃいけない。 僕らは、主権在民の日本国憲法を戴く、れっきとした民主主義国家の 国民だぞ。政治家・官僚は、僕らに委託されたエージェントではないか。 分かっとんのか、このアホンダラ! 上掲は、2月2日付毎日新聞の朝刊切抜記事。 契約内容を反古するエージェントなど、実社会ではあり得ない。 犯罪企業である。『SACOの枠組みではなくなり、米軍再編の一環となったから』 って、「ハイ、そうですか」と聞けますか?住民投票の結果、 「そりゃ約... [続きを読む]

受信: 2008/02/08 15:46

» 倖田発言、力士死亡事件に見る世間の感覚とのズレ+政治の世界でのズレもなくそう! [日本がアブナイ!]
【今週は、たくさんのアクセス&クリック有難うございます。m(__)m リベ平系の弱い週末、そして来週もよろしくです。m(__)m】 最新の記事一覧・・・12月分はコチラ、1月分はコチラ  昨日から今朝にかけて、大きな話題として注目されていたのは、倖田 來未さんのTVインタビューと時津風部屋の元・親方と3人兄弟子の 逮捕のニュースだろう。  倖田さんのインタビューの全文はコチラにあるが・・・。  全体的な印象としては、謝罪が前面に出るようなものではなかった ので、あまり... [続きを読む]

受信: 2008/02/12 07:09

« 節分の季節 | トップページ | 底無しの米兵による犯罪 »