« またまた【数の暴力】。 新テロ法、自公が再議決。 民意の怒りは増幅の一途。 とどまることなし。 | トップページ | 節分の季節 »

「真理」の年へ

年初、訪中した福田総理大臣は、山東省・曲阜にある孔子の故郷を訪問し、孔子廟を尋ねました。 

私は中学校で習った「論語」の「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」を思い出しました。

この文についての解釈はいろいろとあるようですが、道を憧憬し求める孔子の気概なるものには圧倒されます。 我が生涯における壮烈な遭遇です。

昨年は「偽」の年でした。 今年はそれを克服する「真」の年にしたいものです。福田総理が孔子の像に対面して、「真」の年を誓ったかどうかは知る由もありませんが、歴史の主役は庶民である私達である事を銘記して、庶民の力で万難を排して「偽」を超える「真理」の年を創りたいものです。 

庶民の力で永続的に「真理」を明らかにして行かなければ、この世は闇です。 ニヒリズムが蔓延ってくることでしょう。

|

« またまた【数の暴力】。 新テロ法、自公が再議決。 民意の怒りは増幅の一途。 とどまることなし。 | トップページ | 節分の季節 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/17706090

この記事へのトラックバック一覧です: 「真理」の年へ:

» 伝統と新自由主義 [とむ丸の夢]
「世界の全人口のうち、最も裕福な国々に住む上位5分の1の層と、もっとも貧しい国々に住む会5分の1の層との所得を比較すると、1960年には3... [続きを読む]

受信: 2008/01/18 11:59

» 主役は誰ですか?・・ドイツから学びたい [関係性]
[画像]    医療生協の情報誌である『COMCOM』(07年12月号)の特集で、「主役は誰ですか?」が載った。そのインタビューに田中優さん(未来バンク事業組合理事長)が登場している。 [画像]  田中優さんとは:(1957年生まれ。脱原発を出発点に、地域で、またグローバルな視点で環境問題を分析し、開発援助、国際社会の平和など幅広く問題提起し、行動する。「ap bank」監事、「日本国際ボランティアセンター」理事、「足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ」理事など様々な市民活動、NGO活動に参... [続きを読む]

受信: 2008/01/18 14:27

» 農業への夢とデカップリング [関係性]
 連日の株暴落によって「世界同時株安」が新聞紙上をにぎわし、毎日が落ち込むニュースの連発である。  くだらない株投資や外貨預金や投資信託などしている奴の顔が浮かび、ザマー見ろと言いたいのだが、こちらの商売の雰囲気もとても悪い。まさに“嫌な感じ”を漂わせている。この投資屋たちと私とでは係わりもつながりもないのに、同じような“嫌な感じ”を受ける。  そんな都会の仕事から離れて、田舎で農業でもと思えるほど安易な日本農業ではない。老後の遊び半分や観光気分での参加ならできるが、そんなものが農業であるわけがない... [続きを読む]

受信: 2008/01/23 16:39

» 『母べえ』と現代の言論抑圧構造 [関係性]
 先週の土曜日(26日)から全国ロードショウとなった。  [画像]  昭和15年の出来事を平成20年に観る意味について、主演女優の吉永小百合さんは次のように語っている。      [画像]  「どんどん日本が、というより日本のえらい方たちが、戦争をする国にしようとしているという怖さを感じたんです。戦争は人殺しだから、私は、それは何としてもやってはいけないことだと思うんですよね。正義の戦争なんてないと思うし、テロに対してだって、テロに対する戦争なんてないと思うし。絶対、武力ではテロは収まらないと思うか... [続きを読む]

受信: 2008/02/01 09:36

» 道路族と地頭 [とむ丸の夢]
地頭はすなわち将軍と主従関係を結んだ御家人です。この力を利用して荘園におもむいた地頭は土地や農民を荘園の持ち主から奪っていきました&h... [続きを読む]

受信: 2008/02/03 09:48

» 井原勝介(前岩国市長)の品位のない政府との戦い [関係性]
 私の手許に、続け様に、岩国市長選の井原勝介(前岩国市長)応援メッセイジが届いています。是非、身近な問題として読んでください。そして、周りに広げてください。  ここに掲載する文章はすべて「平和省JUMP」(きくちゆみ代表)の会員内部に伝えられているメールから構成しました。 (MT氏よりのメール)  【岩国市の民主主義を守るために「30分の時間カンパ」!】  広島の「岡本非暴力平和研究所」所長の岡本三夫です  岩国市のことで非常に大事なお願いがあります ちょっと長い文章ですが 辛抱して読んでください... [続きを読む]

受信: 2008/02/06 11:06

« またまた【数の暴力】。 新テロ法、自公が再議決。 民意の怒りは増幅の一途。 とどまることなし。 | トップページ | 節分の季節 »