« 輝く武器禁止三原則 | トップページ | 自公政権の悪政を阻む国民の力。 アフガンに平和。 アフガンに民生安定。  »

「私」一人ではありません

Dscf0075_3怒っているのは、「私」一人ではありません。

全国各地で狼煙が挙がっております。

※画像クリック→画像が大きく見易くなります。

|

« 輝く武器禁止三原則 | トップページ | 自公政権の悪政を阻む国民の力。 アフガンに平和。 アフガンに民生安定。  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/17339191

この記事へのトラックバック一覧です: 「私」一人ではありません:

» アメリカ帝国主義と日本国憲法 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
日本国はポツダム宣言を受諾し、その宣言に基づき日本国憲法という憲法改正手続きでは説明が困難な憲法を制定した。宮沢俊義(当時の著名な憲法学者)の「八月革命説」が説得的な理由もここにある。 その憲法の中でも際立っているのは、憲法9条と憲法前文の「平和的生存権」であろう。この条項を読む限り、侵略戦争であろうと自衛権の行使としての戦争であろうと、「戦争」に訴える権利を国家に認めていない。戦争違法化のプロセスにおける最終段階のレベルに到達する規範を、憲法9条は規定したことになったのである。 ところが、連合... [続きを読む]

受信: 2007/12/11 17:05

» 軍事利権はオイシイ話だ【土佐高知の雑記帳】 [どこへ行く、日本。(福田は国民羊化計画と構造改革(=政財癒着推進→格差拡大)をやめられるのか)]
今も昔も軍事関係にはほ~んと頭の悪い売国的輩がわんさか巣くっているのがよく分かる、ということでブログ「土佐高知の雑記帳」からの転載です。 ==================================================== 軍事利権はオイシイ話だ(土佐高知の雑記帳) http://www.asyura2.c... [続きを読む]

受信: 2007/12/11 21:29

» 『限界集落』・・人と環境の破壊 [関係性]
 10月18日に京都府綾部市で「全国水源の里シンポ」が開幕した。  過疎高齢化で存続の危機にある『限界集落』について考えるもので、『限界集落』の概念を提唱した大野晃(長野大教授)の基調講演と地域再生に取り組む人たちのパネルディスカッションが行われた。   [画像]   (京都新聞より10月19日付け)  『限界集落』とは、「65歳以上の高齢者が集落人口の半数を超え、冠婚葬祭をはじめ農業用水や生活道の維持管理などの社会的共同生活の維持が困難な状態に置かれている集落」と大野氏は規定している。  綾部... [続きを読む]

受信: 2007/12/12 16:07

« 輝く武器禁止三原則 | トップページ | 自公政権の悪政を阻む国民の力。 アフガンに平和。 アフガンに民生安定。  »