« 「民主党よ、大丈夫か。」 切実な国民の声。 | トップページ | いよいよ主権者国民の出番。 »

限りなくミステリーに収斂。 自・民ボスの密室談合。

3時間という長時間、しかも何回にもわたり行われた自民、民主2党だけの党首による密室談合の内容が、今国民の間で益々疑惑を生み、それが激しい怒りになって来ております。

密室での話し合いの中味の深層は二人の党首以外は誰も分かりません。

テレビを始めマスコミ等は談合内容を巡ってワイワイ騒いでおるだけです。 それもそうでしょう。 談合内容は二人の党首の胸の中にしかないのです。

限りなくミステリーに収斂して行くばかりです。

#テレビの情報によると、会談をセットしてきたのは政界の黒幕、マスコミの黒幕等で、以前から入念な準備をして会談に持ち込ませたそうです。 はからずも、日本の政治は得たいの知れない黒幕どもに国民の血税も権力も握られ、左右されているという構図も浮かんで来ました。
 
国の主権者は国民です。 その国民が全く無視され、度外視されております。 国権の最高機関である国会の審議まで中断されました。 重要案件について国民の付託を受けた各党議員が真剣に討議をしていた最中であったにも拘わらずです。

先の参議選で「自公政治ノー」という国民の審判が下り、歴史的な大敗北を喫した支配勢力には、今回のような姑息な小細工を弄すること以外に主権者国民に対峙する術は見出せないようです。

民主政治の王道は衆議院解散、信を国民に問う、以外に無いのにです。有権者の国政への責任は益々重くなってまいりました。

|

« 「民主党よ、大丈夫か。」 切実な国民の声。 | トップページ | いよいよ主権者国民の出番。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/16969409

この記事へのトラックバック一覧です: 限りなくミステリーに収斂。 自・民ボスの密室談合。:

» 大連立爆弾 炸裂 [とむ丸の夢]
外出先の車の中で小沢さんの辞意表明会見を聞きました。(連立政権に向けた)政策協議をすれば、(参院選で示した)国民との約束を実行することが可能になる、という言葉が吐かれたとき、この方の連立への執心を感じ、何とも言い難... [続きを読む]

受信: 2007/11/04 22:39

« 「民主党よ、大丈夫か。」 切実な国民の声。 | トップページ | いよいよ主権者国民の出番。 »