« 小沢一郎氏は野党陣営に送り込まれた「秘密工作員」だった。 五十嵐仁教授。 | トップページ | 冬景色 »

密約事項をどうするの。 再生小沢一郎民主党代表。

福田自民党総裁と、密室談合で、大連合を画策し、「民主党には政権担当能力がない」とか、「民主党は選挙には勝てない」と断言し、更に含みのある辞任表明をしていた小沢一郎民主党代表は、大方が予想した通り、辞任表明を撤回し、民主党代表を続投することを承諾いたしました。

そこで今、再生小沢民主党代表は、密室談合で福田自民党総裁と密約した事項をどのようにするのか。 解約するのか。 否か。 大変関心が持たれております。 有権者、国民の命運がかかっている極めて重大な核心であるからです。

#参議選で主権者国民が「自公政治NO!」の審判をして以来、財界は折々に、様々な手段を通して自民・民主の協議、海外派兵恒久法づくりを画策して来ております。 今回の密室談合事件を考え、その政治の背景を探り、その本質を理解するためには、かかる財界の一連の要求行動は大いに注目に値します。

私達主権者国民はこのような現在の日本の政治の実態を深く捉え、自分の未来の社会、更に子や孫達の社会をどのように創るのか。 私達主権者はその意思を、一層強力に政治の場に突きつけなければならなくなりました。

今まさに、日本の民主主義を成熟させるチャンスでもあります。 刻一刻近づいて来ている解散・総選挙で私達の思いの一票を存分に熟考して投じて、国民の意思をくみ取る政治を実現させる事が何をおいても優先させる時期に到達した思いです。

いやしくも、この貴重な一票が結局は「大連立への一票」、「行き先不明の一票」等になり、我とわが身の首を締めつけるるようなことが無いようにすることが、先ず投票するにあたっての主権者国民の第一の必要条件ではないでしょうか。

|

« 小沢一郎氏は野党陣営に送り込まれた「秘密工作員」だった。 五十嵐仁教授。 | トップページ | 冬景色 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/17005269

この記事へのトラックバック一覧です: 密約事項をどうするの。 再生小沢一郎民主党代表。:

» <茶番は茶番でも gataro の予測しない形の茶番劇>小沢代表、続投を正式に表明【朝日新聞】 [どこへ行く、日本。(福田は国民羊化計画と構造改革(=政財癒着推進→格差拡大)をやめられるのか)]
歴史は繰り返す。そして茶番も繰り返す。またぞろ小沢一郎の「積み木崩し」が始まるだろう。(http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10053978507.html)と<次の焦点は何人つれて民主党を出て行くかだ>小沢代表辞意:「連立構想」拒否され…「もう疲れた」(http://ameblo.jp/warm-... [続きを読む]

受信: 2007/11/07 21:26

» 「自民・民主大連合」事件に見えたもの [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
福田首相と小沢民主党首の会談から生まれた「自民・民主大連合案」が民主党役員らに拒否され、小沢が党首辞任を申し出、民主は引き止める方向であるのがここ数日の動き。 小沢氏の大連合を進めようとした弁に「(民主党は)政権担当能力が、いま一歩」といった発言があるが、人材枯渇で問題大臣を続出した自民党と連合すれば、政権担当能力が上昇するとでもいうのだろうか。ここには政権担当能力を根回しや裏取引と考える小沢氏の古い体質が垣間見えたような気がする。 自民党政権が長年続いたことが官僚や企業との馴れ合い、癒着を生み... [続きを読む]

受信: 2007/11/07 21:36

» また出てきた、「お国のために」 [とむ丸の夢]
「お国のためだ」「お国のために大連立を」 と、ずいぶん時代がかった言葉を現実の政治の場で聞いたものです。 ナベツネと目されている大連立構想の仲介者が言ったらしいのですが。  先の戦争で国民に強いる死を正当化する... [続きを読む]

受信: 2007/11/08 11:15

» 国民は常に「よりマシ」な方を選ぶしかない [あんち・アンチエイジング・メロディ]
今回の小沢さんの「大連立」騒動について、様々な見方があると思うけれど、これだけは言えるということは「国民は常によりマシな方を選ぶしかない」ということ。 [続きを読む]

受信: 2007/11/08 11:27

» 原発を考える(下) [関係性]
―地震と原発事故がもたらす報道の                   二つの流れ(2)―  前回は報道の二つの流れの一つを提示した。  “お前達のために危険な原発を推進しているのが分からないのか”と主張する原発推進者の責任転嫁を感じて示したものであった。  確かに、pfaelzerweinさんが言う「日米核協約を含めてのタブーや既成事実の容認は誰でもない有権者自身の意思であることを改めて強調しておきたい」(前回の記事へのコメント)を否定すること... [続きを読む]

受信: 2007/11/09 11:57

» 嵐を呼ぶ民主共産大連立構想 [BLOG BLUES]
政治ブロガーのみなさん、こにゃにゃちは。 わしは大連立を画策する、ブログ界のナベツネなのだ。レレレのレー。 みなさん、11月9日付毎日新聞の朝刊記事に注目なのだ。たたえよ民共合作! ごく小さな扱いの客観報道だが、孕む意味は、すこぶる大きい。 出来るのである。民主党が保守リベラルとして、修正資本主義的な政策を 打ち出せば。名こそ共産ではあるが、内実は社民主義政党に他ならない共産党と、 共同歩調が取れるのである。合意に至るのである。政策協議も十分可能だ。 民主共産大連立構想も夢では... [続きを読む]

受信: 2007/11/14 16:27

» ホワイトハウスでのフクダ氏の誓いと世界最強の武器セールスマン [とむ丸の夢]
父親同士が大統領と首相で、本人たちは互いに石油業界で働いていた、と話を切り出したブッシュ・ジュニアに、別れ際首相は、父親とレーガンとパパ・ブッシュ、それぞれ日米の元首脳3人が一緒に納まった写真パネルをプレゼント... [続きを読む]

受信: 2007/11/18 13:14

» 自分の問題としての環境問題(上) [関係性]
 前回の「原発を考える(下)」でお二人の方からコメントを頂いた。先ず、その文章をお読みください。  投稿者:愚樵 http://gushou.blog51.fc2.com/  「TBありがとうございます。  >“お前達のために危険な原発を推進しているのが分からないのか”と主張する原発推進者の責任転嫁  前エントリーでこれを『資本の論理』と仰っていましたが、これに賛同すると同時に少し違和感も感じていました。というのも消費者としての私たちの側も、まるで無責任とは思えないからです。  現在の日本では電力需... [続きを読む]

受信: 2007/11/19 14:16

» [YamaguchiJiro.com]小沢辞任の意味 [+++ PPFV BLOG +++]
07年11月:小沢辞任の意味(YamaguchiJiro.com2007/11/6) http://www.yamaguchijiro.com/?eid=617 小沢辞任騒動を受けて山口二郎氏あわてております。 こんな状況当初より想定内のことである。アホくさ。 文章の後半なんか興奮してしまって何を言ってるんだか。 野党とし..... [続きを読む]

受信: 2007/11/21 19:21

» 山田洋行 インド洋給油 [とむ丸の夢]
すごい。一昨日23日付の「日刊ベリタ」に掲載された「山田洋行がインド洋給油に介在」。「自衛隊の退官者や現役隊員らで組織する非公式情報機関は22日までに、11月1日から停止されている海上自衛隊のインド洋での給油活動に... [続きを読む]

受信: 2007/11/25 22:18

» 自分の問題としての環境問題(下) [関係性]
 (前回からの続き)  「アマゾンで地球異変〓」(11月13日)は、貧しい農民がアマゾンの森に火を放ち、土地を広げてコメやトウモロコシを植える状況を描いている。 [画像]  「アマゾンで地球異変〓」(11月14日)は、野生の行動を引き裂く道路について描いている。アマゾンの開発で得た木材や農作物を運ぶために幹線道路ができあがり、そこから私道は枝状に広がり、新たな農地を作りだす。 [画像]  「アマゾンで地球異変〓」(11月15日)は、違法伐採をする住民とそれを取り締まる環境警察との板挟みを描いてい... [続きを読む]

受信: 2007/11/27 14:15

« 小沢一郎氏は野党陣営に送り込まれた「秘密工作員」だった。 五十嵐仁教授。 | トップページ | 冬景色 »