« 特段に意義の深い終戦記念日 | トップページ | 蟻地獄に堕ちた安倍政権党 »

浜の真砂は尽きるとも、世に・・・?。 許せない安倍自公政権。

「人心一新」が売りの安倍新自民党役員、同新内閣発表直後にも拘わらず、早くもマスコミ界には例の「事務所費」、「政治資金」等をめぐる疑惑が浮上している。 伊吹文科相、岸田沖縄・北方相、二階敏博総務会長、菅義偉選挙対策総局長などをめぐってである。

主権者の審判でNO!を突きつけられ、歴史的惨敗を喫したのにも拘わらず、安倍首相は独裁者のように居座って、今回の新人事を断行した。 これほど国民が虚仮にされたことがあっただろうか!!

まさに、そのような安倍首相の「才覚」に相応しい政治情勢が今生まれて来ているようだ。 主権者国民は旧に倍して、国民の命、生活、自由・権利を守り、平和を実現するために眦を決して取り組むことが益々要請されて来ているのを痛切に感ずる思いである。

|

« 特段に意義の深い終戦記念日 | トップページ | 蟻地獄に堕ちた安倍政権党 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/16268669

この記事へのトラックバック一覧です: 浜の真砂は尽きるとも、世に・・・?。 許せない安倍自公政権。:

» 異常な『円安』から急激な『円高』へ(下) [関係性]
 7月20日以降、急激な「円高」が始まった。  米国の低所得者向け住宅ローンを商品として証券化し、ヘッジファンドがそのリスクを移転するモデルを作り出した。そして、米国の住宅バブルが弾けて、このリスクが世界中に飛び火した。投資信託という様々な商品がこれに関わっている可能性がある。  当然、このバブル崩壊を手仕舞うためには円の買戻しを行い、無理矢理作り出してきた「円安」が急激な「円高」に突き進むことになった。  その不良債権金額総体が定かでないことから、この市場の安定には時間がかかりそうである。  [画... [続きを読む]

受信: 2007/08/29 13:26

» 「安倍改造内閣」発足 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
マゴマゴマゴの党・内閣人事。所詮はポスト欲しさ、という相も変わらぬ姿を見せつけての出発となりました。 でも、ほんとに愛想が尽きる。 ?総理は辞めるべきと声高だった人が、そう言う私で良いならと、いそいそ。 ?そのポストだけはいやだったが、だんだん埋まっていっていよいよ残りはそのポストだけ。あの人も逃げた、この人も断ったの付録付き。先ず雁首を揃え、どの胴にそれを乗っけるかが《人事》というものらしい。 ?今度はご褒美として必ず、の予定が外れて怒鳴り込んだとか。まあ怒るな怒るな。すぐ空くかもね。その実績だ... [続きを読む]

受信: 2007/08/29 17:39

» あるベテラン女性社会運動家への手紙(2) 選挙総括に代えて: しばらく私はお昼寝します.ZZZ... [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
「反‐貧困 無年金者同盟」代表から,該同盟の唯一人の同盟員であるS女史宛に書き送った返信.私はこの私信を借りて今回の選挙戦についての私自身の簡単な総括を提示することを意図した.余りにも簡略過ぎるとお考えの向きもあろうが,私の現行の日当カロリー摂取量ではこれが限界である(爆).前回の手紙(7月3日付)には『現在私は「脱米救国」というある意味で非常に遅れてきた…スローガンを最優先課題に掲げています』と書いているが,それからわずか1ヶ月後に,『脱米救国』がすでに文化的遺伝子として独立した生命(meme)を... [続きを読む]

受信: 2007/08/30 11:34

» 限界を超えた攻撃能力を持つてしまった人間 [競艇場から見た風景]
ずいぶん前に読んだ動物行動学者の本(名前は忘れたケド)・・・それによればオオカミなど相手を倒す強力な牙などを持つ凶暴な動物ほど種同士の戦いでは致命的な攻撃をひかえる。逆に相手を一撃で倒すことのできない弱い動物は、攻撃を抑制する本能が乏しいので徹底的に攻撃..... [続きを読む]

受信: 2007/08/31 00:28

» 民主党へは1人区でだけ投票しても野党は勝てる [平和への結集ブログ]
民主党に優先して投票しなければ野党は勝てない、と思い込んでいる有権者は多いのではないでしょうか。そうではないのだ、ということを説明したいと思います。      Flashアニメが表示されていない場合、こちらでAdobe Flash Playerをダウンロードする必要...... [続きを読む]

受信: 2007/09/01 06:39

» 「反石原」を騙り、一方で「石原クローン」を支援する民主党 [+++ PPFV BLOG +++]
上田氏が再選果たす 埼玉知事選、2新人破る(西日本新聞2007/8/26) http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/20070826/20070826_005.shtml 任期満了に伴う埼玉県知事選は26日投票、即日開票の結果、無所属現職の上田清司氏(59)が、無所属新人で共産党推薦の元参..... [続きを読む]

受信: 2007/09/03 20:39

» 『シッコ』で描く医療の現実(上) [関係性]
[画像]  マイケル・ムーア監督の『シッコ』(SiCKO)(=“ビョウキ”)の全国上映が始まった。  ブッシュ政権はムーア監督に、取材でキューバへ不法入国容疑をかけ、上映中止のオドシをかけたので有名な作品である。  「医療保障の破滅によって崩壊し、粉々にされ、場合によっては絶たれてしまったごく普通のアメリカ人数名のプロファイルで幕をあける本作は、その危機的状況が、4700万人の無保険の市民たちだけでなく、官僚形式主義によってしばしば締め付けられながらも保険料を律儀に支払っている、その他数百万人の市民... [続きを読む]

受信: 2007/09/04 12:04

« 特段に意義の深い終戦記念日 | トップページ | 蟻地獄に堕ちた安倍政権党 »