« 「政治とカネ」の問題も参議選の争点だ。 | トップページ | 民主政治への癌。「ぐるみ」選挙。 »

着々と進むか。 政教一致の政治、国立戒壇への道。 権力中枢に据わる宗教政党。

公明党を除名された福本潤一参院議員が池田大作創価学会名誉会長に、学会の公明党支配を質(ただ)す質問状を提出。九日、国会内で会見してその内容を明らかにしました。

質問状で福本氏は、公明党国会議員候補の最終決定権は池田氏にあることや、同氏の政策秘書の葬儀が学会と対立する日蓮正宗で行われたのが公認はずしの理由だとされていることについて真偽を質しています。

信者に、民主政治の原点、市民的権利である政治信条の自由、政治活動の自由が認められていないのか。

|

« 「政治とカネ」の問題も参議選の争点だ。 | トップページ | 民主政治への癌。「ぐるみ」選挙。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/15716593

この記事へのトラックバック一覧です: 着々と進むか。 政教一致の政治、国立戒壇への道。 権力中枢に据わる宗教政党。:

« 「政治とカネ」の問題も参議選の争点だ。 | トップページ | 民主政治への癌。「ぐるみ」選挙。 »