« 安倍流の国民騙し | トップページ | 政党環境もグローバル化 »

政党に候補者が居ないの? 素朴な疑問。

最近やたらと参議院選挙の候補者としてテレビで露出度抜群の有名人が数多く出馬を要請されております。 

出馬を要請している政党には立候補出来るような力量のある政党政治家が居ないのでしょうか。

#世論の厳しい批判も噴出してきております。

政党が財政的にも自立出来る近代的政党に脱皮し、真の政党政治を確立するように努めなければ、政・官・財癒着の金権腐敗政治は深まるばかりで、民主政治への道を開くことも全く不可能になるのではないでしょうか。

|

« 安倍流の国民騙し | トップページ | 政党環境もグローバル化 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/15540157

この記事へのトラックバック一覧です: 政党に候補者が居ないの? 素朴な疑問。:

» 7月29日は、未来を選び取る日 [あんち・アンチエイジング・メロディ]
政治の世界は一寸先は闇ですから、何があるか分かりません。 自民党の派閥の会議で、現在29議席ある1人区がヘタすると2けた取れないかもしれない、という報告があったそうだ。ほんとにそうなってもらわなければ行けません。 ... [続きを読む]

受信: 2007/06/24 17:38

» 「正攻法で」「愚直に」とは誰の言葉か [とむ丸の夢]
人気blogランキングへ  参院選まで頑張ろう、と思っています。                      ご協力をお願いいたします。                     ありがとうございます。... [続きを読む]

受信: 2007/06/24 22:44

» 希望は戦争? [関係性]
 朝起きて、新聞を眺めていたら「ポリティカにっぽん」(朝日新聞6月18日付け朝刊)に眼が止まり、「『自由と生存』の選挙だ」「希望は戦争」という見出しにどきっとした。  この記事はコラムニストの早野透氏が書き、「フリーターの希望は『戦争』か?」というテーマで1975年生まれの3人(雨宮処凛さん、赤木智弘さん、杉田俊介さん)のトークライブが東京・渋谷で催されたことを伝えている。  「バブルが崩壊して、大型倒産が続いた就職氷河期に遭遇、『正社員になれずフリーター生活を始めた。  いったんフリーターの穴に... [続きを読む]

受信: 2007/06/25 09:57

» 安倍内閣の不信任を私たちの手で [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
安倍晋三自民党総裁が誕生したときに、いち早く反応したのは、立花隆、保阪正康、小林節らの言論人・知識人だった。彼等は、長いこと政治について沈黙を守ってきたか、保守政治を支持してきたか、あるいは改憲の理論構築に一役買ってきた人たちだ。その彼らが安倍総理の国家主義的価値観や復古的な指向性、国民を支配・コントロールしようという思い上がりに、強い嫌悪を示した。 一方、戦後安定した生活を手に入れ、そのありがたさを身にしみて感じ、結果、与党自民党の存続を是としてきた一般庶民にとっても、年金システムの破綻は、衝撃... [続きを読む]

受信: 2007/06/25 09:59

« 安倍流の国民騙し | トップページ | 政党環境もグローバル化 »