« 国民無視。党略優先。益々国民から乖離する自民・公明。 | トップページ | 挨拶代わり、「庶民増税を国民に戻せ」に花が咲く。 »

自公民の自滅的な強行採決

自民、公明両党は十九日午後、野党側の抗議を押しきって、自衛隊の米軍支援イラク派兵を二年間延長するイラク特措法改悪案を参院外交防衛委員会で強行採決、その八分後には参院文教科学委員会で教育に対する国家統制を強化する教育三法案の採決を強行する暴挙に出ました。そして二十日の参院本会議で両法案をこれまた強行可決しました。

多くの国民が反対しており、内容からいっても、本質においては、戦前の「美しい国柄」に回帰するような法律を、虚構の多数をいいことに、安部内閣・与党は国権の最高機関で碌な審議もしないで速成しているわけです。 「少数意見の尊重」という民主主義の原理をさえ投げ打ってです。余ほど追い詰められているようです。

今イラクで行われている航空自衛隊の輸送活動の9割は無法な侵略軍・米軍などへの支援であります。日本の国民の7割も反対しております。

教育三法案については、中央、地方の公聴会で、与党推薦の公述人からさえ慎重審議や反対の声が出ているのにも拘わらずです。

自民党・公明党と国民との乖離は拡大する一方です。それが証拠にこれらの政党の内部矛盾も醸成され、露呈されて来ております。

国民の力を結集すればあと一息で彼らの暴挙を許さない政治状況を作り出せます。

|

« 国民無視。党略優先。益々国民から乖離する自民・公明。 | トップページ | 挨拶代わり、「庶民増税を国民に戻せ」に花が咲く。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/15502564

この記事へのトラックバック一覧です: 自公民の自滅的な強行採決:

» 「覚えてろ!タダじゃ済まさんからな!」 [競艇場から見た風景]
国会 12日間会期延長を議決自民・公明両党は、社会保険庁改革関連法案や新たな天下り規制策を盛り込んだ国家公務員法の改正案などを成立させたいとして、23日までの国会の会期を来月5日まで12日間延長するよう衆・参両院の議長に申し入れています。これを受けて、午後..... [続きを読む]

受信: 2007/06/23 12:13

« 国民無視。党略優先。益々国民から乖離する自民・公明。 | トップページ | 挨拶代わり、「庶民増税を国民に戻せ」に花が咲く。 »