« 今日は、日本の青い空、こどもの日 | トップページ | 「美しい洗脳教育」が!! »

自ら墓穴を掘る自民党、公明党。 改憲手続法案の強権による採決のもたらすもの。

多くの国内外の人々の良心は平和と民主主義を希求しております。 日本国憲法は平和と民主主義を地上に生み出すための宝庫です。 その日本国憲法を改悪するための改憲手続法案の採決を、5月11日参院憲法調査特別委員会で自民党、公明党が民主党とともに強行し、与党の賛成多数で可決しました。 民主党、共産党、社民党、国民新党は与党案に反対しました。

中央公聴会も開催しないままの国民不在の暴挙でした。 また、大多数の公述人をはじめとする国民が反対し、疑問視して、慎重な審議を求めていたのにも拘わらずです。 主権者である多くの国民の言論の自由を封殺するような仕組みを内包し、凡そ国民投票とは言えないような見せ掛けの国民投票法案をかかる暴挙によって強行採決したことを国民は絶対許さないでしょう。

それにしても当初、国民の声を聞く中央公聴会が開催されていないと採決に反対していた民主党が、自民、民主両党の「筆頭理事間協議」という名の密室協議で、自民党の採決要求に妥協したのは残念至極です。 大多数の国民の慎重審議の民意に応えて、本特別委員会の場で、国民が十分分かるように、論議を深め、議論をし尽くすべきでした。

しかし、平和と民主主義を確固たるものにするために、深める場はまだ、まだあります。 参議院本会議。 7月には参議院通常選挙があります。

かって参議院では否決された小選挙区制に胡座をかいて、国会で虚構の多数派を占めている自民党が、多数の暴力で民意に反する強行採決をして法律をつくっても、憲法を改正するためには有権者国民一人一人による承認、即ち国民の良心というハードルを越えなければなりません。

今こそ主権者国民はその地位を賭けて、平和と民主主義を実現、定かにするために、憲法改悪を許さない決意を固め、あらゆるものに優先して、この課題に取り組むことが要請されて来ているのではないでしょうか。 

|

« 今日は、日本の青い空、こどもの日 | トップページ | 「美しい洗脳教育」が!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/15048654

この記事へのトラックバック一覧です: 自ら墓穴を掘る自民党、公明党。 改憲手続法案の強権による採決のもたらすもの。:

» 改憲を目論む連中に目に物見せてやりましょうや! [競艇場から見た風景]
3日ほど情報をシャットアウトしていたら・・・色々ありますね。 ■公的年金加入記録、生年月日不明が30万件…受給額影響も ■環境事前調査 海自艦艇が支援 沖縄・辺野古沖 ■「国内法にのっとり処理」 北のテロ支援解除で米国務長官 ■「松岡氏の説明は不十分」 光熱水費..... [続きを読む]

受信: 2007/05/15 02:25

» 海自「辺野古」に展開 [競艇場から見た風景]
海自ヘリ、辺野古上空に 機器設置18日へ 米軍普天間飛行場移設先の環境現況調査(事前調査)で、17日から予定されていた調査機器の設置作業は18日からの開始に延期された。理由は不明。16日午前には、設置作業支援の海上自衛隊掃海母艦「ぶんご」(5700トン)の..... [続きを読む]

受信: 2007/05/18 02:09

« 今日は、日本の青い空、こどもの日 | トップページ | 「美しい洗脳教育」が!! »