« 草の根から民主政治 | トップページ | 外国にある米軍基地の増強のために血税をつぎ込むなんて!! »

自ら墓穴を掘っている悪政推進者達

今朝の読売系日本テレビ番組「ウェーク!」で「改憲手続き法」が取り上げられていました。 出席ゲストは国民投票法作りでは賛成している自民党、民主党からだけでした。 

#国民の投票活動を不法に制約する仕掛けなどについては、私が視聴した範囲では、語らず仕舞いでした。

自民党・升添氏は、国民投票にあたっては「投票のボイコットを防止するために云々」ということを大変強調しておりました。 つまり、「投票のボイコット」を強調することによって、最低投票率を決めなかったことへの言い分けにしたかったようです。

主権者である有権者には様々な考えの方がいます。 「賛成」、「反対」、「保留」等々の方々。 民主的投票の制度としては、全有権者を包含して、全有権者の考えと意思表示を尊重しなければなりません。 有権者の尊厳を大事にしなければなりません。 ボイコットも主権者の一つの意思表示です。 「ボイコット票」の名のもとに、有権者を差別してはなりません。 民主政治を根底から覆すことになります。 升添氏の論理は追い詰められたものの姑息な詭弁の論理です。

そんなに憲法改正をやりたかったら、堂々と主権者の過半数の賛成を獲得して、やればいいではないですか。 

国会で否決された多様な民意無視の小選挙区制に胡座をかいて、衆議院で偽りの多数派の議席を掠め取っているのをいいことに、自民党は、公明党の応援で、多数の暴力で、国民不在で、悪法作りを強権的にゴリ押していますが、升添氏の発言はまさにその延長上にある傲慢な、民主政治を根底から否定する、主権者である国民には絶対受け入れられない詭弁、暴言でした。

今、国会外では、憲法学者、弁護士会、公聴会の公述人等を含む大多数の国民が「改憲手続き法」に抗し、その慎重審議を求めて、国会を政治的に包囲し始めました。 国民の頭ごなしに、米国、財界の強い圧力のもとに始動した、変えてはいけない平和と民主主義という人類普遍の原理までを実質的に反故にする改憲策動のツケというべきです。 人類普遍の原理を実質的に反故にしたら、残るは民主政治の破壊か、ファシズムの政治だけです。

戦後の日本の民主政治はまさに今、主権者の手によって根底から入魂の時期を迎えたようです。 主権者としてはこれからが楽しみです。 戦前、少ない人数でありながら、献身的に日本の平和と民主主義の礎をきずいてくださった先人達の偉業に感謝です。 歴史の理法に抗して、金と権力を欲しいままにして、国民を徹底的にイタメつけている奢れる金力・権力者どもの政治的末路が見えて来たようです。

|

« 草の根から民主政治 | トップページ | 外国にある米軍基地の増強のために血税をつぎ込むなんて!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/14679815

この記事へのトラックバック一覧です: 自ら墓穴を掘っている悪政推進者達:

» 改憲問題リング [人工樂園]
 makuriさんからTBしていただいた記事などを見ると,改憲をめぐる国会情勢がかなり緊迫しているにもかかわらず,私が以前から利用しているはてなリングで憲法の語をリング検索にかけても,出てくるのはネット右翼系とおぼしいリングがひとつだけ。  これはちょっとまずいだろう……と思ったので,つい先ほど,取り急ぎ改憲問題リングなるものを自分で作ってしまいました。はてなのIDを取得する必要がありますが,ブログをお持ちの方であれば誰でも参加可能です。ブックマーク一覧機能や掲示板など... [続きを読む]

受信: 2007/04/15 11:20

» 国会法改正案(国民投票法案)はさきどり改憲法案(憲法96条違反) [平和への結集第2ブログ]
改憲の発議要件は、憲法96条で規定されています。ところが、与党と民主党の国会法改正案(国民投票法案)でも、改憲発議要件を規定しています。だから国会法改正案は改憲案そのものだと思うのですが・・・これは96条の素人解釈でしょうか? (1) 「発議」は議案の提..... [続きを読む]

受信: 2007/04/19 18:02

» 「憲法改正手続法案」を廃案に! [競艇場から見た風景]
拙ブログでは「国民投票法案」=(憲法改正手続法案)については幾度もエントリーしているが、まだ内容を理解できない人が多いので「しつこく、ねちっこく、ねっちり」とエントリーを続けます。 最初に与党は「国民投票法案」を憲法改定に限定し、衆議院を通過させたので、..... [続きを読む]

受信: 2007/04/26 00:00

« 草の根から民主政治 | トップページ | 外国にある米軍基地の増強のために血税をつぎ込むなんて!! »