« 民主政治には時間とエネルギーが必要 | トップページ | これ程の怒りがあっただろうか!! »

間抜けな自分に自己嫌悪

棄権の問題を脳内回路で等閑にしておりました。

選挙の度に、全国的に、棄権があり、それが5割、否、過半数にも達している例も多いことに気づきました。

●何故棄権が生じるのか。

●その棄権の内容は。

●民主政治との関わりで、このままだとどうなるのか?

東京都知事は280万余票獲得して当選しました。 しかし、棄権者は1,000万人有権者のほぼ半数も居ります。

今後、この棄権の問題をどうしたら良いのか? 足りない脳味噌を絞って考えております。

|

« 民主政治には時間とエネルギーが必要 | トップページ | これ程の怒りがあっただろうか!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/14642023

この記事へのトラックバック一覧です: 間抜けな自分に自己嫌悪:

» 危険度最大級「国民投票法案」 [競艇場から見た風景]
「猿田佐世の国会速報21~危険度最大級! 国会に集まるべし」=転載= 憲法審議ってば、今どうなってるの? 国会速報 No.21(07/04/11) 「国民不在の国民投票法(憲法改正手続法)」~ 弁護士 猿田佐世 ~ ★★★★★★ 危険度最大級 ★★★★★★ ●強行採決なんて冗談じ..... [続きを読む]

受信: 2007/04/11 19:15

« 民主政治には時間とエネルギーが必要 | トップページ | これ程の怒りがあっただろうか!! »