« 安安倍首相の挑戦状 | トップページ | 今こそ問われている、安部内閣の「規範」 »

安倍内閣の「初仕事」

昨年、今年と、高齢者世帯を大増税と負担増の大波が襲いました。 全国津々浦々にブーイングの嵐が起こっております。 そのさなかに安倍内閣が「初仕事」にしようとしていることは、昨年十二月の政府税調(会長本間氏)の答申にしめされたように、所得が減って苦しさをます庶民には増税と負担増をつづけながら、バブル期を上回る空前の利益をえている大企業には新たな大減税をほどこし、一握りの大資産家への特別減税を温存することです。 「庶民に大増税、大企業に大減税」です。  しかも、姑息にも、今年の選挙が終わってから、消費税の大増税を打ち出す計画でおります。 真面目に努力し、働いている庶民から奪い取り、大企業にばらまく、全く民主主義に逆らう、不公正な税制の執行です。 貧困と社会的格差の広がりは限度無しです。 「努力する者は報われる」「美しい日本」。 空々しい限りです。 

働く人たちの命綱、8時間労働制を破壊し、過酷なサービス残業に追い込み、それを合法化する「ホワイトカラー・エグゼブション」。 このような策謀を絶対許してはなりません。

来る今年の春、夏に行われる選挙こそ、千載一遇のチャンスです。 民主主義に逆らう不公正な徴税を市民に強要する増税勢力に、文字通り、この一票を生かし、鉄槌を下したく思っております。

|

« 安安倍首相の挑戦状 | トップページ | 今こそ問われている、安部内閣の「規範」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/13404592

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍内閣の「初仕事」:

» 「お坊ちゃん」の感覚 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
少し古い記事ですが、「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入について、安倍晋三首相はこんなことを宣もうたそうです。残業代ゼロ 首相「少子化対策にも必要」: asahi.com1月5日 さすがにこんな「お坊ちゃん」とは与党の連中の感覚は違うようで、こんな意見も出ていますし、残業代ゼロ見送り論、与党に強まる 厚労省に戸惑い: asahi.com1月6日 どうしようもない「中川」の片割れでさえ、残業代ゼロ制�... [続きを読む]

受信: 2007/01/10 00:20

» 今、日本と世界が問われていること  [晴耕雨読]
榊原氏については、今年(2002年)正月のNHK衛星1の特別番組で「9・11以降の変化は、100年に一度、いやひょっとしたら数百年に一度の一大変化かも知れないと思っている」と発言していたのが印象的でした。 自身が現在の世界的変動は最終的に数百年に一度の大変動に結びつくと考えていたこともあって、榊原氏がどういうイメージを内面的に抱きながら発言しているのかなと興味を覚えました。 榊原氏の著書「新しい国家をつくるために」(中央公論新社刊)を買い求めることでその一端を窺い知ることはできましたが、添付デー... [続きを読む]

受信: 2007/01/10 22:24

» 安倍内閣 三題噺 中川秀直を中心に。 [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
「女狂い、酒狂い、ポスト狂い」 永田町で今、安倍内閣の自民党三役を皮肉ってこんな言葉がはやっている。 女狂いというのは言うまでもなく中川秀直幹事長、「アル中」の異名を取るのが中川昭一政調会長、ズーと冷や飯を食わされ焦っていたのが丹羽雄哉総務総務会長という...... [続きを読む]

受信: 2007/01/12 12:38

« 安安倍首相の挑戦状 | トップページ | 今こそ問われている、安部内閣の「規範」 »