« 働く人々5500万人に「喧嘩」を挑む厚労省 | トップページ | 安倍首相、「醜悪な国」づくり »

2007年、歴史の本流と藻屑として消えるもの

何人も、人類が形成する歴史の本流を止めることは不可能です。

過去の侵略戦争を美化すること、他国へ盲従し戦争に参加すること、民主主義に逆らい強いものへは大減税・弱いものへは大増税。

これらが、歴史の本流によって藻屑として流され、消失。

今年の初夢でした。

本年もよろしくお願いします。

|

« 働く人々5500万人に「喧嘩」を挑む厚労省 | トップページ | 安倍首相、「醜悪な国」づくり »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/13333393

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年、歴史の本流と藻屑として消えるもの:

» 安倍首相年頭会見「憲法改正参院選争点に」 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
安倍総理は年頭の記者会見で「今年を美しい国造り元年としたい」と述べ、新しい国造りに向けて「骨太の」政策実現を宣言。「憲法改正」を参院選の争点化することを明言しました。 ワーキングプア、障害者・高齢者負担増、国民年金制度の破綻など、国民の基本的な生活の保障制度破綻に対する道筋が全く見えていない一方で、総理と共に「国造り」を策定する人たちの放言や不祥事が相次いでいます。未来の国造りを語る資格がある内閣とはとても思えません。まずは、自分たちが誠... [続きを読む]

受信: 2007/01/05 16:07

« 働く人々5500万人に「喧嘩」を挑む厚労省 | トップページ | 安倍首相、「醜悪な国」づくり »