« いくら優秀な教師でも | トップページ | また共謀罪だって »

ホワイトカラー・エグゼンプションにとどめを

長時間労働野放し・残業代取り上げの悪法案「ホワイトカラー・エグゼンプション」を安倍首相は、提出は困難とのべ、今国会へは提出を見合わせるようです。

今回も多くの国民の動きは素早かったです。 思想信条を越え、各界・各層、様々な個人、組織がネットをはじめとしてあらゆる利器を使って意志を結集しました。 

自公安部政権は参議院選挙後にまた提出してくる魂胆のようです。 いつもの常習的手法で、全く姑息なやり方であり、国民を舐めきった態度です。

私達国民には武器はありませんが、自公安部政権が二度とこの法案を提出出来ないところまで追い詰めることが出来る、彼等が最も恐れる貴重な「一票」があります。 

消費税増税も同じです。 統一地方選、参議院選の前には消費税増税を隠しながら、選挙が終わってからと、増税勢力は虎視眈々と増税の機会を狙っております。 このような謀略に負けたら、国民の未来は本当に無くなると思います。

|

« いくら優秀な教師でも | トップページ | また共謀罪だって »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/13556268

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトカラー・エグゼンプションにとどめを:

» 参議院選に勝つために(2)・・国会、選挙、お役立ち情報 [あんち・アンチエイジング・メロディ]
民主党の鳩山氏は、国民投票法成立に意欲を見せているとか。この人は、今国会で民主党がきっちり野党の役目を担えないと、民主党が国民から見放されるだろう事を分かっていないのでしょうか?今後民主党に真剣に政権がとりたいのかどうか、問い、そして叱咤激励し、他の野党も自公の補完勢力とならないように野党共闘を進めてもらうためには、私たちの強力なプッシュが必要です。... [続きを読む]

受信: 2007/01/19 13:37

« いくら優秀な教師でも | トップページ | また共謀罪だって »