« やっぱり、安倍内閣支持率ダウン | トップページ | 「フォーラム」問題浮上、新たなヤラセ? »

強行採決は自民党、公明党の自壊への道

伝えられる、自民党・公明党による、数の暴力を行使した、教育基本法の強行採決は日本の教育を一層荒廃させます。

何故か。

(一)
 法案強行は地方公聴会や国民世論を無視するものであり、絶対に認めるわけにはいかない。参院でおこなわれた6ヵ所の地方公聴会でも、24人の公述人のうち、13人が法案に反対か慎重審議を求め、成立を求めたのはわずか1人に過ぎない。また、どの世論調査をみても、国民の圧倒的多数は慎重審議を求めている。
(二)
 改悪法案の根拠と道理が国会審議を通じてことごとく崩れた。①なぜ現行法を改定するのかについて、政府はいまだに何一つまともな説明をしていない。②「愛国心」の強制や教育内容への国家権力の無制限な介入など、改悪法案が持つ憲法に反する問題点についても、政府は、説明不能に陥っている。③改悪法案でまっさきにやろうとしていることは、全国いっせい学力テストや学校選択制など、今日の教育荒廃の根源の一つである過度の競争教育をいっそう激しくするもので、いじめ問題など今日の教育の荒廃を克服することに逆行する。

以上の理由により、強行採決に絶対反対します。

|

« やっぱり、安倍内閣支持率ダウン | トップページ | 「フォーラム」問題浮上、新たなヤラセ? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/13058145

この記事へのトラックバック一覧です: 強行採決は自民党、公明党の自壊への道:

» 教育基本法改正案は白紙撤回すべし [ねじれ川柳惑星 ]
 小泉政権の化けの皮がはがれた。やらせ問題などを調べていた政府のタウンミーティング調査委員会が最終報 [続きを読む]

受信: 2006/12/14 23:33

« やっぱり、安倍内閣支持率ダウン | トップページ | 「フォーラム」問題浮上、新たなヤラセ? »