« なぜいま夕張なのか | トップページ | 大企業さん。 政府、与党の皆さん。 庶民のことも考えてね。 »

勤労者は使い捨てのボロ雑巾なのでしょうか

大企業から多額の献金を貰い与党、政府が政策的に企業のリストラを助け、首切り、低賃金政策等を促進させています。 サービス残業の強要で過労死する人、職を求めても、就職出来ないでいる失業者が続出。 遂に生活も出来ず、生活保護も事実上拒否されて自殺するケースが各地に見られるようになりました。

高給を払わなければならない正規の労働者は減らされる一方、不当に安く使える派遣労働者、パート労働者、フリーター等が職場を占めるのが一般的な労働情勢だと言われて来ています。 驚くべきことには、ワンコール・ワーカーなる最極の使い捨て労働者までが生み出されて来ているそうです。 このまでは列島、生活の灯火は消えてしまいます。

今空前の長期間の景気が続いており、大企業は天井知らずの利益に潤っている時だというのにです。 不思議で、不思議でたまりません。 安部政権の目玉である「再チャレンジ」政策はどうなってしまったのでしょう。

ほんとうに今の日本の勤労者の状況は、かの有名なNHKの特集番組、「ワーキング・プァ」の伝える通りです。 明日の夜は9:15より、NHKによる「ワーキング・プァⅡ」が放映されるそうです。 現状を知り、現状を打開する方策を模索したいと思っております。

|

« なぜいま夕張なのか | トップページ | 大企業さん。 政府、与党の皆さん。 庶民のことも考えてね。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/12995530

この記事へのトラックバック一覧です: 勤労者は使い捨てのボロ雑巾なのでしょうか:

» 「規制緩和」という劇薬を、副作用をまったく知らせずに、投与したのは誰だ! [晴耕雨読]
日本に「規制緩和」を持ち込んだのは、学者や経済界はとりあえず別にして、政治権力的には「戦後の総決算」を旗印に登場してきた中曽根康弘氏です。 「戦後の総決算」とは、社会主義的国家を新保守主義・自由主義国家に転換させる、“自国破壊”的な政策です。中曽根氏は、日本経済の破壊と乗っ取りを計るグループのインサイダーだと思っています。(新保守主義は、決して保守主義ではありません。どちらかといえば、寡占的自由主義や保守破壊主義という言葉がふさわしいものです) 「小泉改革」も「鳩山改革」も、その流れを汲むもので... [続きを読む]

受信: 2006/12/09 17:53

» 「亡国」とは... [晴耕雨読]
「大きな声では言いたくないのですが、残念ながら、日本は亡国すると思っています。 膨大な犠牲と大きな破壊を被った大東亜戦争は“敗戦してそれでよかった”というものになっていますが、そのようなものでは済まないとんでもない状況になると予感しています。」 まず、「大きな声では言いたくない」理由から説明させてもらいます。 第一に、まだ間に合うからです。 あと2、3年のうちに舵を切り替えれば「亡国」から逃れることができると思っています。 そして、どういうように舵を取ればいいかをこの間書き続けているつもりです。... [続きを読む]

受信: 2006/12/09 17:55

» ワーキングプアⅡ。 [慢性疲労症候群日記]
 ワーキングプアⅡ 努力すれば抜け出せますか NHKで明日、放送されるそうです。 [続きを読む]

受信: 2006/12/09 22:01

» この世は天国? [瀬戸智子の枕草子]
あの有名な放送禁止歌が甦る。 そう、 ♪自衛隊に入ろう のあの歌が。 【作詞】高 [続きを読む]

受信: 2006/12/15 11:01

« なぜいま夕張なのか | トップページ | 大企業さん。 政府、与党の皆さん。 庶民のことも考えてね。 »