« 教育基本法が泣いてます | トップページ | 2007年、歴史の本流と藻屑として消えるもの »

働く人々5500万人に「喧嘩」を挑む厚労省

人類史的に確立されて来ている8時間労働制を反故にする「ホワイトカラー・エグゼンプション」がいよいよ、財界・政府・与党の提案で立法化されそうです。 

http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/home2.htm
***********************************************
注目していた厚労省の労働政策審議会は、最終的に「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」を導入する案を了承しました。馬鹿なことをやったものです。
 来年の通常国会に「残業代廃止法案」を提出したいということのようですが、野党に格好の「武器」を渡したようなものではありませんか。働く人々5500万人に「喧嘩」をふっかけているということが、厚労省には分からないのでしょうか。
 野党は一致して反対していますし、与党内でも、自民党の一部や公明党からは異論が出ています。波乱含みの年の瀬となりました。
***********************************************

|

« 教育基本法が泣いてます | トップページ | 2007年、歴史の本流と藻屑として消えるもの »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/13240819

この記事へのトラックバック一覧です: 働く人々5500万人に「喧嘩」を挑む厚労省:

» 残業代ゼロ「導入適当」_ホワイトカラー・エグゼンプション [☆hiropechi blog☆ ]
どうして、このような方向に進むのだろう・・・ 残業をしても、残業代を支払われない、 有給休暇も取得できない、 そんな過酷な労働を強いられている労働者が多い中、 残業手当の存在自体をなくしてこき使おうとする法令。 「ホワイトカラー・エグゼンプション」 高収入の特別職に対してとの事だが、 高収入でない私...... [続きを読む]

受信: 2006/12/28 23:18

« 教育基本法が泣いてます | トップページ | 2007年、歴史の本流と藻屑として消えるもの »