« 今日はメーデー | トップページ | 黙ってはいられない、国民の底力で »

憲法は活かすためにある

今日は憲法記念日です。 改めて憲法を考えてみました。

人類普遍の原理に基く日本国憲法は、人間の自由、権利、生活、平和を実現するためには必須の日本の基本法であり、最高法規でもあります。 国民の付託を受けて権力を預かり、現実に直接日本の政治に係わるるものは、あらゆる困難を排して、この日本国憲法の精神、条項を先ず積極的に活かす努力をすべきであります。 しかして、国民の幸せが本質的に現実化するのであります。 弱肉強食のジャングル生活を惹起するような政治は下の下です。 

しかるに、憲法を国民のために積極的に活かすどころか、逆に、遵守義務も怠り、その改正に腐心せんが如きの近頃の政治的風潮は憲法の普遍の原理をドブに投げ捨てる如き行為であります。 また、政治家として恥ずべき行為であります。

いやしくも政府・政権与党は憲法を尊重擁護する義務を果たし、国民のために善政をしくべく全力を投球すべきです。 それこそ、品位のある政治の実現と云われるものです。

憲法尊重擁護の義務を怠り、国民のために積極的に憲法を活用しようともせず、今直ぐ必要ともしない国民投票法の作成に国会のエネルギーを費やすようなことは、論外と云わねばなりません。

|

« 今日はメーデー | トップページ | 黙ってはいられない、国民の底力で »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/9881472

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法は活かすためにある:

» 今なら引き戻せると信じて  ~憲法記念日に、改めて日本国憲法の理念の実現を願う~ [日本がアブナイ!]
<3日10時、タイトル変更&後半部分(軍縮について)、最後に憲法に関する各党の アピールを追記しました。>  今日5月3日は、憲法記念日~私の愛する日本国憲法の59回目の誕生日~である。 そこで、今回は久々に憲法に関することを書いてみたい。関連の過去記事<コチラ>  私が、日本の憲法なるものの存在を初めて意識したのは、小学3~4年生頃のこと だったように思う。たぶん小学生向けの雑誌で見たのではないかと思うのだが、そこに 「憲法って何?」というような感じで子供にもわかるように日本... [続きを読む]

受信: 2006/05/05 03:32

« 今日はメーデー | トップページ | 黙ってはいられない、国民の底力で »