« 壊されていく人間 | トップページ | 地に墜ちたイカロス・小泉首相 »

寝耳に水

先の3月20日(月)および24日(金)の2度にわたり経済産業省とリサイクル業者との話し合いが持たれた結果、PSEマークのない中古家電を当面の間は事実上販売することができることとなり、4月1日の危機を回避することができました。

マルチメディアの時代に我々消費者にも福音です。 それにしても政治家の皆さんは国会でこのような国民の生業、生活にかかわる問題をどのように考え、対処したのでしょうか?

今回関係業者の方々が自らの生業と生活、消費者の便宜を考えて、手を携えて、社会的にも有意義な、様々な役割を果たして下さいました。 

閉塞感が強まる昨今ですが、業者の方々のあり方は何か私の胸にも一縷の灯火を点してくださいました。 やれば出来ると。

http://members.aol.com/pse20060401/pse.improve.htm 

|

« 壊されていく人間 | トップページ | 地に墜ちたイカロス・小泉首相 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/9632781

この記事へのトラックバック一覧です: 寝耳に水:

« 壊されていく人間 | トップページ | 地に墜ちたイカロス・小泉首相 »