« 寝耳に水 | トップページ | 竹島問題と私 »

地に墜ちたイカロス・小泉首相

ジャーナリスト・江川紹子さんが自分のホームページで書いております。

-------------------------------------------------------------------------
いやはや、すごいブーイングの嵐でした。
 これまで音楽会やオペラで、こんな激しく長いブーイングは、聞いたことがありません。

(略)

 でも、一番いい席で、そのうえ荒川さんとデートというのでは、小泉さんも役得が過ぎるような気が……。
 マスコミも注目しますし、当然、カメラも出て2ショットを撮影し、テレビや新聞などにも載りました。それを見越したような行動が、かなりの人たちの目に、あざとい、という風に映ったのでしょうね、きっと。
------------------------------------------------------------------------

国民の目は節穴ではないということですか。 舞い上がれば上がるほど危険だとは、かのイカロスの話が教えています。 国民にイタミを与え虚仮にしている小泉首相のパフォーマンスもそのメッキが剥げて来たようです。

それにしても、マスコミの報道ではブーイングで首相が迎えられた話は抜けておりました。 マスコミも地に落ちたのか。 「犬が人を噛む」のはニユースにならないが、「人が犬を噛む」のはニュースになるとか、聞いたことがあるが。
 

|

« 寝耳に水 | トップページ | 竹島問題と私 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/9636781

この記事へのトラックバック一覧です: 地に墜ちたイカロス・小泉首相:

« 寝耳に水 | トップページ | 竹島問題と私 »